製造工程

製造工程のご紹介

1.米の処理 原料である米は、洗米→浸漬→水切り→蒸しと言う工程で製麹前の前処理がされる。

米の処理

2.製麹(せいぎく) 蒸米を冷却してから麹菌(白麹菌または黒麹菌)を散布し、約40時間かけて製麹する。

製麹(せいぎく)

3.一次仕込み
麹に水と焼酎酵母を加えて、約1週間発酵させる。酵母を健全に増やすのが一次仕込みの大きな役割。

一次仕込み

4.麦の処理 主原料である麦を、洗麦→浸漬→水切り→蒸しと言う工程で処理し、冷却して二次仕込みに使用する。

麦の処理

5.二次仕込み 一次仕込みで仕込んだ醪に水を加え、主原料である麦を加えて約2週間発酵させる。

二次仕込み

6.貯蔵
二次仕込みで仕込んだ醪を蒸留器に移し、加熱して蒸留する。本格焼酎は1度だけ蒸留する(単式蒸留)。蒸留には大きく分けて常圧蒸留と減圧蒸留に区別される。

貯蔵

7.貯蔵
蒸留してできた原酒をタンクや甕・樽に貯蔵し、熟成させる。長いものでは五年以上になり、貯蔵容器によって香味が違ってくる。

貯蔵

8.瓶詰め

8.瓶詰め熟成させた焼酎を瓶詰めし、ラベルを貼って完成。壱岐の蔵自慢の壱岐焼酎をどうぞお楽しみください。

飲酒は20歳を過ぎてから、お酒は楽しく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
空きびんはお取扱い店へお戻しください。飲んだあとはリサイクル。